*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

理由はいくつかあったけど
キレイな光を探していた。

見上げた先は、それはそれは美しく光り輝いていて、
上へ行くほど、神々しい光が待っているのだと、

魔物ですら浄化し
偽物でさえ、本物に変えてしまう、
相対的ではない、何かが待っているのだと信じていた。

2020_0819Bluepiece009.jpg

光に近づくほど、濁った影に色彩をつけ、パブロフの犬にもなれず、
理想と現実との狭間(さま)で、ただ、たゆたう。

2020_0928Bluepiece_033 のコピー

兎角(とかく)、遠い記憶へ辿り、
おざなりに、コトバをトリミングしたところで、「すべからず」しか見つけられず

2020_0626Bluepiece040.jpg

長くて暗いトンネルの先にある、白い世界は、
太陽の光が照り返し、目をあけることすらできないというのに、

2020_1029Bluepiece_034 のコピー

論理一辺倒(ろんりいっぺんとう)に導かれた先で
何を追いかけ、何に惜しみがかかり、何にホコリをつけたのだろう。

足元は、光とは程遠く、
「湿った」といえば、哀れみの心が生まれ、
「潤った」といえば、満ちた気になり、
「洗われた」といえば、清らかで、
「足跡」というと、汚れて見え、
「足音」と、音に乗せて見たら………。

まだ見たコトのない世界へ辿り着けそうな、そんな気がした………。

2020_0525Bluepiece041.jpg

「得(え)も言われぬ想い」と「無知の知」だけを持って
棚上げしたモノを拾いに………。

わずかに残っていた根拠のない自信も、審美眼も役に立たず、
お隠れする安全地帯すら、あったもんじゃない。

高みを目指す力もつき、レンズの中へ逃げることも許されず、
得意とする飢えた心をエネルギーに変える力すら、もう意味を成すことはなかった。

2020_0525Bluepiece036.jpg

絶対的に排除するモノを一瞬で識別し、見誤まったりしない……。と、
何モノかを、排除したところで、似たり寄ったりの景色を繰り返すばかり、

何を見極め、何を理解できたのだろう、
諦めにも近い脱力感。

このやっかいな私を連れて、もう少し突きすすめてみる……。

方向感覚を見失う深い闇の中で、
身も世もない、想いだけがのこった。

頭の中は、瑣末(さまつ)なコトバで、
ひどく散らかった。

腑に落ちるコトバへと、変換する間も無く溢れては、残像を残すことなく消え、
また、とめどもなく溢れた。

舵をきることもできず、
自分の身を滅ぼしかねない勢いで。

2020_0525Bluepiece010.jpg

地磁気(ちじき)に影響され、生かされている生きモノだから、
どこかへと導いてくれないかと、まだ性懲りも無く、恩恵だけを願う生きモノ

どこかでみた神様の物語の結末は、どうだったかと気になった。
たしか、救いとは程遠く………。

2020_0525Bluepiece018.jpg

来(こ)し方、行く末を導くような光の前で、
もう、どこにもいきたい場所が、ない、ということを教えられる。

「私が」私を置いていくのを気づいた。

消えてしまいたい、ということでなく、
おざなりに生きる、でもなく、
生まれたての子鹿が地球の重力に負けて力つきる。でもなく、
遺伝子の配達でもなく、

地球と同化し生きる。なのか、
生きる不自由さから解放されていく。なのか、

万物の法則の中では、………。
「空(くう)」なのか、「切なさ」のような、「無(む)」のような、
「悲しい」でもなく、「あたたかい」でもない、「つめたい」でもなく、そこには、何もなかった。


「私が」私を置いていく。


2020_0525Bluepiece012.jpg

生まれたての無垢(むく)な青と、
冷たい影の中にも、青をみつけた。

「青」って、「青」の文字が別のモノに見えたから、定義された中に「青色」を探してみた。

紺色(こんいろ)、浅葱色(あさぎいろ)、白藍(しらあい)、群青(ぐんじょう)、藍色(あいいろ)、
縹色(薄い藍色は、はなだいろ)、褐色(かっしょくと書いて、かちんいろ)、
納戸色(みどりみのかかった、なんどいろ)、
シアン、ネイビー、アクアマリン、コバルトブルー、インディゴブルー、
セルリアンブルー、サックスブルー、ラピスラズリ、エジプシャンブルー、ミッドナイトブルー、

それから、それから……。

ホライズンブルー
海色、空色、地球色

知っているようで、知らない青色……。

「青色……。」

けど、その、どの色も当てはまらなかったから、
それを「虹色」と、片付けてみた。

優しく、足元まで流れてきた波の上に、
コトバの一雫(ひとしずく)、溶けさせてもらった。

その一雫ぶんのかわりに、
「明鏡止水(めいきょうしすい)」と、言っていいような心が生まれてきて、身体の端っこまで浸透していく。

高度な働きをしない私の頭で、創造してみる。

未来では、フェークやイミテーションが大切に磨かれ、
レプリカが本物と見分けがつかないくらい輝き、
コピーや猿真似たちも重宝され、そんな、まがい物たちが、
一斉に輝きはじめたなら、面白いだろうかな。

本物ではないから、無理をしたら壊れてしまうかもしれないから、
少しずつ、いろんな人の手によって、磨いたり、メンテナンスし、長い時間をかけて輝かせる。

けれど、決して、
ダミーにはなりませんように。


遠い未来に残せる輝きを創造してみる。




人物と料理撮影が得意な関西在住のフリーカメラマン。 ☆好きな事☆ 写真を撮る。海で『ぼーっ』と釣れない魚釣り、ねこ武蔵とお昼寝。ビール、豆腐。りんご。氷。グリコのプッチンプリン。 ☆Facebook☆☆Twitter☆ やってません。ごめんなさい。 始めたらこちらのブログでお知らせします。
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2021年04月 | 05月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


こちらからお名前で検索できます♪

-天気予報コム- -FC2-

名前:
メール:
件名:
本文: