*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

☆K i i T写真講座☆ 「ホワイトバランスで表情を!」

 「ホワイトバランスで表情を!」イメージ写真を撮影してみましょう!


image.jpg 「サンタさん来ないかなぁ」なんて


はい!質問です。
こちらのホワイトバランス設定はなんでしょう?
「ピンポンピンポンピンポ〜ン」ハナマルです。
答は「晴天日陰マーク」正解です!

ホワイトバランスについては、
【「色について」色温度です。】前回の授業をご覧ください。

では、こちらをご覧いただいた方には特別に
撮影ライティングも教えちゃいます。


メインの光は自然光、そこへロウソクの光と同じ色味の光を持ってくる。
クリスマスツリーのライト登場!(ホームセンターで500円ぐらい)


image_point2.jpg さらに見せます!種あかし

左手前にグラス。
右の光は、テーブルに映りこんだライト。
左の窓から自然光、白いカーテンで光をやわらかくし、いらない光は黒い布でカットしてます。


目で見て水面にも光が入ってキレイ?四隅まで、見てみてみて!
心のレンズもつけて!
キレイだったら、シャッターを押すだけ!
ピントをグラスにすると、右側の映りこんだ光は自然に幻想的な表情を見せてくれます。

image_point.jpg こちらは、失敗例。光の強さにバランスをよく見てね。


左上にあるクリスマスツリーのライト。直接の光源がトリミングに入り。
一つ強すぎるので、視線が落ち着かない。窮屈にみえませんか?
この場合だと、同じ柔らかい光(テーブルに映りこんだ光)だけでトリミングをすると、
感情移入しやすい絵になりますよ〜。



と、ここで終わるつもりでしたが、
色とフィルターの事が出ましたので、もう少し!




【光の三原色、加法混合(かほうこんしょく)】について!
人間の見える光の色は、R G B ほぼ、この3つの原色からなりたちます。


5_1.jpg Red(赤)
5_2.jpg Green(緑)

5_3.jpg Blue(青)

3つの単色を混ぜると真ん中は白になります。

1_20120721154241.jpg 


リバーサルフィルムの時は、フィルターワーク(フィルターを使って色温度変換、補正)が必需でしたので
光源の色に応じた補色フィルターをかけ、白いものは「白」色に、補正。
フィルム時代は補色が頭にないと、仕事出来ません。


補色を図表で見ると(補色とは、正反対に位置する色。混ぜ合わせると無彩色になる色のこと。)
【R赤とCシアン】
【G緑とMマゼンタ】
【B青とYイエロー】 と、なります。


画像処理では
肌(赤色)の赤色成分に対して、
補色のシアンを下げるとくすみが取れるなど。
他にも、応用で使えることが多いですので
【光の三原色】頭の片隅においといて損はないです。


ついでに!
色収差についても、少しご説明。
ほとんどの光は、単色でなく混ざっております。
長波長(色温度が低い光)と短波長(色温度が高い光)
光の波長によってレンズの屈折率が異なり、
焦点距離がズレる為、画像がずれたり、ボケた写真になることがあります。
この場合は色収差補正をカメラで設定すると軽減されます!
(焦点距離とはレンズの中心から撮像素子までのこと。)


ちなみに、色料、インクや絵の具などは、
【色の三原色 減法混色(げんぽうこんしょく)】 と言い
こちらは、C(シアン)M(マゼンタ)Y(イエロー)の三色。
混ぜると、真ん中は黒に!


駆け足でしたが、大丈夫ですか?
色については、深く追求すると、迷走しますので、このあたりでサラッと流しま〜す。


K i i T



第二章「撮影してみよう!」
「色について」色温度です。


光の色がわかれば、幻想的な世界を意図的につくれます。
カメラまかせから卒業しましょう!


つくりたいイメージが沸けば、あとは技術を身につけるだけ!
一足さきに、ホワイトバランスまで、いきます。
覚悟してくださいね


Point
色温度
(いろおんど)
色温度とは「光の色から求める温度」

普段の生活で光の色を意識したことありませんか?
真っ赤な夕焼け、レストランのあたたかい照明など、
光源によって様々な色があります。


色の違い、色合いは、色温度(いろおんど)で表すことが出来ます。


色温度が低いと赤っぽく色温度が高いと青味を帯びます


WB_a1.jpg

Point
色温度の単位は K
(ケルビン)


WB_a2.jpg

人間の目は、優れており、光源によって異なる光の色に合せ、白い物は「白」と認識します。
〜補足〜過信しすぎないように、環境の光に慣れると、間違った補正がかかることもあります。〜

カメラの場合は、WB(ホワイトバランス)により
人間の目(ヒトが感知している色情報)を基準とした色彩補正、白い物は「白」として写す事ができます。


では!どんな色があるか探索してみましょう!
ホワイトバランスは、人間の目に近い状態の「太陽マーク」に固定し比較してみましょう。
色温度の図表でいうと「太陽マーク」は「5500K」
ロボットくんをつれて「いってきまーす

WB_a3.jpg


【黄色とオレンジ】・・・左から、ダウンライトの光
【緑っぽい】・・・・・・蛍光灯(昼白色/5000K)の光
【青い】・・・・・・・・右、曇天の自然光


Point
ホワイトバランスを光源にあわすと色は補正されニュートラルに!

(白い物は「白」に補正)

WB_a4.jpg


左の写真は、図表で言うと3000K。電球マークに設定し撮影。
赤いダウンライトの光が補正され、白いものは「白」にうつります。


右の写真も同じく光源にあわせて撮影。
蛍光灯(昼白色/5000K)に設定したもの。
こちらも、補正され、白いものは「白」にうつる。


さて、ここからが本題です!
比べてみてどうでしょう?


右の写真は、上手く補正されスッキリと違和感のない色になりました。
それに対して、左の写真。雰囲気なくなりすぎましたね。


ちなみに、こちらの光源にあわす補正方法は、
AWB(オートホワイトバランス)と同じこと。


Point
好みでサジ加減!AWBとWBを使いこなしましょう。



シュチエーションによっては、カメラまかせのAWB(オートホワイトバランス)でなく
意志を持ってホワイトバランスを設定すると、大きく表現の幅は変わります



さらに、白いものは「白」にするだけではもったいない。
「個性的な表現」をしたければ、カラーフィルター変わりにも使うことも!


その場合のフィルター色はこちら


WB_a5.jpg


【青みを帯びた景色】・・・左の写真、曇天の光ですが、図表 3000K 電球マークで撮影。
【赤味を帯びた空】・・・・右の写真、同じく、曇天の光ですが、図表 8000K 晴天日陰マークで撮影。

WB_a6.jpg


ニュートラルも含めて3枚を比較してみました。
左から【電球マーク】
真ん中【曇天マーク又はAWB】こちらが、ニュートラルになります。
右【晴天日陰マーク】


どうでしょう?
同じシチュエーションなのに、雰囲気は随分変わります。


たとえば、夕焼け空をAWB(オートホワイトバランス)に設定すると、白くなり、色味が少ない写真になります。
そんな時は、上の要領で赤味のあるWB(ホワイトバランス)フィルターをかけると、
夕焼け空は、鮮やかな色表現が出来ます。

また、滝や、川など、風景写真では青味のあるフィルターをかけると、神秘的なイメージになることも!


本日のおさらい
光の色がわかれば、幻想的な世界を意図的につくれます。
カメラまかせから卒業しましょう!




K i i T


人物と料理撮影が得意な関西在住のフリーカメラマン。 ☆好きな事☆ 写真を撮る。海で『ぼーっ』と釣れない魚釣り、ねこ武蔵とお昼寝。ビール、豆腐。りんご。氷。グリコのプッチンプリン。 ☆Facebook☆☆Twitter☆ やってません。ごめんなさい。 始めたらこちらのブログでお知らせします。
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2012年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


こちらからお名前で検索できます♪

-天気予報コム- -FC2-

名前:
メール:
件名:
本文: