*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

先日の撮影。
納品と請求先は近代美術館さま。

1200万画素のカメラで
6枚の絵を複写。

それを一枚の絵に。
余白を抜いても合計4500万画素以上。

でかい!
(写真はおみせ出来なくてごめんなさい。)

撮影したのは、
60代の女性が描かれた水墨画。

撮影現場につくと、
広い工房に6枚の絵がズラリと並べられている。
覗き込んで、ドキッとした。

芸術のことはわかりませんが
エゴは感じられず、
まっすぐに向き合ったことが伝わってくる。
見たことのない世界へ吸い込まれそうで!

撮影開始。

壁には、位置を固定するマーキング。
絵には一枚ずつ、2枚の裏打ちがされており
その四隅に、マスキングテープが
飛び出すように貼られ、
押しピンで壁にぴったりと
くっつけられるようになっている。

至れり尽くせりのセッティング。
おかげさまで、無事に撮影が終わりました。

撮影場所は、
京都文化財保存などを手掛けている工房。

裏打ち、パネルへ水張り、
水張りしたものを外す、修復、額装、・・・などなど。

古来のものまで幅広くこなされる先生。
30年仕込みの職人技です。

撮影後に、別の工房もみせてくださり。
氷入りのお茶を頂きながら
いろんなお話を聞かせてくださいました。

大学時代に模写や修復など専攻し
芸術について、学んだそうです。

卒業後、
芸術品を手掛けられる工房に就職。

工房では、額装だけ手掛ける人、
新しいものだけ修復する人、古い物だけ修復する人。
のりをつくる人。
(まだまだ工程はありますが・・・)

のりなんて、鍋に澱粉を火にかけ、天然のもので作られる。
何十年先まで保存を考えると、
市販品は混ぜ物で使えないそうです。

工程は細分化され、
一つの持ち場で人生を終える職人も多いそうです。

一生かかっても奥が深く
教わるのも、教えるのも難しい世界なのだとか。

そんな中、
独立をされて10年。修業時代は20年。
合計30年この道にいらっしゃる先生。

修業時代は、
運良く、いろんなポジションを手伝い。
一通り出来るようになったそうです。

独立のきっかけは、
先代の社長さんの死。

その後、受け継がれた会社に
職業をするものの、導かれるように、独立。

会社の場所は、
亡くなられた先代の社長さんが使っていた工房。
先生の修業時代を過ごした場所でもある。
縁あって、いろんな人から助けられ、
この地に足をおろすことができたそうです。

こちらの、工房で
前回撮影をさせて頂いた時は、1.8m×2m強の大きな巻物。

修復される前の写真を見せて頂くと、
考えられないほど、年代とともに、ひどくいたんでいた巻物が
神神しい美しい絵となり、
過去から生き返ってきたかのようでした。

その時、お弟子さんがおっしゃっていた言葉が今でも耳に残ります。
『先生に追いつきたいから日々頑張るけれど先生はさらに上を目差して技を磨かれるので、僕は追いつけない。
けど、怠けるとこの差は届かないほど開いてしまうので磨き続けなきゃいけない!』と

目を輝かせていらっしゃいました。

血縁関係ではないけれど
尊敬されるから成り立つ師匠と弟子の関係。

そこには、受け継がれてきたDNAがあり
命は終わる日がくるけれど、
持っているDNA(血とか族とかでなくても)は
永遠に生き続いてゆくんだなぁ・・・。と、
思ったりしました。

_DSC4018.jpg 工房に庖丁?

パネルにきれいに貼られた絵、
そこへ刺繡をされた布が
まっすぐに張られている。

「これって、水張りですか?これって!どうしてまっすぐ切れるんですか? どんなカッター?」
思わずヘンなポイントで困らせる質問をしてしまった。

写真スタジオにいたアシスタント時代、
水張りでバック紙をパネルに貼っていたけれど

破れたり、よれたら、
また貼り替えたらいい「しゃーない!」なんて贅沢な考えと、
工房での失敗がゆるされない状況と比較し、
身震いしてしまった。

_DSC4017.jpg

さらに驚く
カッターでなく、
ヘラや庖丁で切られる。


見せるために並べてくださいましたが、
さっと!キレイに置かれる先生。

_DSC4019.jpg _DSC4020.jpg

工房の中。

写真撮影にブログまで。
快諾してくださいました。パシャ

この仕事をしてると、
本物や、天職をしてる人にあう機会が多い。

いつも、自分一人で話を聞くには、もったいなくて、
取材じゃないので、ボイスレコーダー登場とはいきませんが
(他にもたくさんのお話をしてくださいましたが、抜粋でごめんなさい。)


撮影場所の大きな工房も、
お茶を出してくださった工房も
なんともいえない、心地いい空気がありました。


工房にある絵達は、
どれも意志を持ち、先生の下へ、
修復や額装をしてもらいたくて、
自ら来たように見える。


・・・なんてね


複写について、先生に聞いてみた。
「複写しているもので、美しい写真って出会ったことありますか?どんな風ですか?」
また、こまらせる質問。

「昔はすべて手書きで模写だったけど、今は、ほとんどなくなり写真になってね。」

「筆の質感など、写真でリアルに再現しても、何かが違うんだよね・・・。」
寂しそうに答えられました。


現代の進化する世の中とは、逆行し、修復という形で過去をよびもどし、
文化遺産を残そうとする姿は、神神しかったです。


K i i T




☆K i i T写真講座☆ 「ホワイトバランスで表情を!」

 「ホワイトバランスで表情を!」イメージ写真を撮影してみましょう!


image.jpg 「サンタさん来ないかなぁ」なんて


はい!質問です。
こちらのホワイトバランス設定はなんでしょう?
「ピンポンピンポンピンポ〜ン」ハナマルです。
答は「晴天日陰マーク」正解です!

ホワイトバランスについては、
【「色について」色温度です。】前回の授業をご覧ください。

では、こちらをご覧いただいた方には特別に
撮影ライティングも教えちゃいます。


メインの光は自然光、そこへロウソクの光と同じ色味の光を持ってくる。
クリスマスツリーのライト登場!(ホームセンターで500円ぐらい)


image_point2.jpg さらに見せます!種あかし

左手前にグラス。
右の光は、テーブルに映りこんだライト。
左の窓から自然光、白いカーテンで光をやわらかくし、いらない光は黒い布でカットしてます。


目で見て水面にも光が入ってキレイ?四隅まで、見てみてみて!
心のレンズもつけて!
キレイだったら、シャッターを押すだけ!
ピントをグラスにすると、右側の映りこんだ光は自然に幻想的な表情を見せてくれます。

image_point.jpg こちらは、失敗例。光の強さにバランスをよく見てね。


左上にあるクリスマスツリーのライト。直接の光源がトリミングに入り。
一つ強すぎるので、視線が落ち着かない。窮屈にみえませんか?
この場合だと、同じ柔らかい光(テーブルに映りこんだ光)だけでトリミングをすると、
感情移入しやすい絵になりますよ〜。



と、ここで終わるつもりでしたが、
色とフィルターの事が出ましたので、もう少し!




【光の三原色、加法混合(かほうこんしょく)】について!
人間の見える光の色は、R G B ほぼ、この3つの原色からなりたちます。


5_1.jpg Red(赤)
5_2.jpg Green(緑)

5_3.jpg Blue(青)

3つの単色を混ぜると真ん中は白になります。

1_20120721154241.jpg 


リバーサルフィルムの時は、フィルターワーク(フィルターを使って色温度変換、補正)が必需でしたので
光源の色に応じた補色フィルターをかけ、白いものは「白」色に、補正。
フィルム時代は補色が頭にないと、仕事出来ません。


補色を図表で見ると(補色とは、正反対に位置する色。混ぜ合わせると無彩色になる色のこと。)
【R赤とCシアン】
【G緑とMマゼンタ】
【B青とYイエロー】 と、なります。


画像処理では
肌(赤色)の赤色成分に対して、
補色のシアンを下げるとくすみが取れるなど。
他にも、応用で使えることが多いですので
【光の三原色】頭の片隅においといて損はないです。


ついでに!
色収差についても、少しご説明。
ほとんどの光は、単色でなく混ざっております。
長波長(色温度が低い光)と短波長(色温度が高い光)
光の波長によってレンズの屈折率が異なり、
焦点距離がズレる為、画像がずれたり、ボケた写真になることがあります。
この場合は色収差補正をカメラで設定すると軽減されます!
(焦点距離とはレンズの中心から撮像素子までのこと。)


ちなみに、色料、インクや絵の具などは、
【色の三原色 減法混色(げんぽうこんしょく)】 と言い
こちらは、C(シアン)M(マゼンタ)Y(イエロー)の三色。
混ぜると、真ん中は黒に!


駆け足でしたが、大丈夫ですか?
色については、深く追求すると、迷走しますので、このあたりでサラッと流しま〜す。


K i i T



第二章「撮影してみよう!」
「色について」色温度です。


光の色がわかれば、幻想的な世界を意図的につくれます。
カメラまかせから卒業しましょう!


つくりたいイメージが沸けば、あとは技術を身につけるだけ!
一足さきに、ホワイトバランスまで、いきます。
覚悟してくださいね


Point
色温度
(いろおんど)
色温度とは「光の色から求める温度」

普段の生活で光の色を意識したことありませんか?
真っ赤な夕焼け、レストランのあたたかい照明など、
光源によって様々な色があります。


色の違い、色合いは、色温度(いろおんど)で表すことが出来ます。


色温度が低いと赤っぽく色温度が高いと青味を帯びます


WB_a1.jpg

Point
色温度の単位は K
(ケルビン)


WB_a2.jpg

人間の目は、優れており、光源によって異なる光の色に合せ、白い物は「白」と認識します。
〜補足〜過信しすぎないように、環境の光に慣れると、間違った補正がかかることもあります。〜

カメラの場合は、WB(ホワイトバランス)により
人間の目(ヒトが感知している色情報)を基準とした色彩補正、白い物は「白」として写す事ができます。


では!どんな色があるか探索してみましょう!
ホワイトバランスは、人間の目に近い状態の「太陽マーク」に固定し比較してみましょう。
色温度の図表でいうと「太陽マーク」は「5500K」
ロボットくんをつれて「いってきまーす

WB_a3.jpg


【黄色とオレンジ】・・・左から、ダウンライトの光
【緑っぽい】・・・・・・蛍光灯(昼白色/5000K)の光
【青い】・・・・・・・・右、曇天の自然光


Point
ホワイトバランスを光源にあわすと色は補正されニュートラルに!

(白い物は「白」に補正)

WB_a4.jpg


左の写真は、図表で言うと3000K。電球マークに設定し撮影。
赤いダウンライトの光が補正され、白いものは「白」にうつります。


右の写真も同じく光源にあわせて撮影。
蛍光灯(昼白色/5000K)に設定したもの。
こちらも、補正され、白いものは「白」にうつる。


さて、ここからが本題です!
比べてみてどうでしょう?


右の写真は、上手く補正されスッキリと違和感のない色になりました。
それに対して、左の写真。雰囲気なくなりすぎましたね。


ちなみに、こちらの光源にあわす補正方法は、
AWB(オートホワイトバランス)と同じこと。


Point
好みでサジ加減!AWBとWBを使いこなしましょう。



シュチエーションによっては、カメラまかせのAWB(オートホワイトバランス)でなく
意志を持ってホワイトバランスを設定すると、大きく表現の幅は変わります



さらに、白いものは「白」にするだけではもったいない。
「個性的な表現」をしたければ、カラーフィルター変わりにも使うことも!


その場合のフィルター色はこちら


WB_a5.jpg


【青みを帯びた景色】・・・左の写真、曇天の光ですが、図表 3000K 電球マークで撮影。
【赤味を帯びた空】・・・・右の写真、同じく、曇天の光ですが、図表 8000K 晴天日陰マークで撮影。

WB_a6.jpg


ニュートラルも含めて3枚を比較してみました。
左から【電球マーク】
真ん中【曇天マーク又はAWB】こちらが、ニュートラルになります。
右【晴天日陰マーク】


どうでしょう?
同じシチュエーションなのに、雰囲気は随分変わります。


たとえば、夕焼け空をAWB(オートホワイトバランス)に設定すると、白くなり、色味が少ない写真になります。
そんな時は、上の要領で赤味のあるWB(ホワイトバランス)フィルターをかけると、
夕焼け空は、鮮やかな色表現が出来ます。

また、滝や、川など、風景写真では青味のあるフィルターをかけると、神秘的なイメージになることも!


本日のおさらい
光の色がわかれば、幻想的な世界を意図的につくれます。
カメラまかせから卒業しましょう!




K i i T


企業サマが発行するマガジン
「本物をつくる」コーナー「奈良にある植村牧場さん」 P5~P6の写真を担当させて頂いてます。 


文章は、にゃみにゃみさん
濃い内容で文字数もたくさん。
それが、にゃみにゃみさんの魔法にかかると、
「ごっくん」と、イッキ飲みプロ技はスゴイです。


撮影の様子は以前のブログで☆ クリック♪
「おいしいソフトクリーム」と「人を育てるキーワード」がありました。


連日、おいしい牛乳を届けるために大忙し、指揮をとる代表。
神様から与えられた役割を限られた時間の中で
一生懸命に向き合っている姿は輝いてました。


あがりはこちら_DSC4024.jpg


2012_04_20_007.jpg ただそこにあるだけで圧倒的な存在感。人みたいな木箱

奈良にこられた皇室の方へ牛乳を献上するときに使用するそうです。


とってもおいしい牛乳をお探しなら奈良の植村牧場さんへ!
期待を裏切ることなく満足まちがいなし


K i i T




サイト登録やカメラマン登録、相互リンクのお申し出を
ブログやKiiT WEBをご覧になられた方から
時々、お問い合わせを頂きます。
(昨日も頂戴いたしました。今月初めにもカメラマン登録をしたいので書類をお送りくださいなどなど)

内容にかかわらず
まったくお知り合いでない方とは
登録やリンクしておりません。

まれに、こちらから登録させて頂くサイトもありますが
ほとんど無いに等しいです。

フェイスブックですら、
やってないほどですので。

先日、クライアントさまから
「フェイスブック成功事例」セミナーにお誘い頂き
「知らずに、やらない」と言うのもどうかと、
思いましたのでいってまいりました。

活用すると、
会議内容など、特定の方に向け回覧板のように情報を共有できる。
宣伝しずらい学校も、利用の仕方によって大々的な広告ができ、人員獲得につながる。
ターゲットに向けてスポット宣伝できる。
独自のアナウンスや、販売促進、集客効果が得られる。などなど

ホームページが無い方なら、是非ともおすすめしたいぐらい。
メリットを知るだけで、魅力があり、とても素晴しい・・・。と

フェイスブック上でも、まかれるほうと、まくほうの仕組みがあり。
口コミ含めて情報操作の時代に生きてきているんだなぁ・・・。と実感。


ですが、今はこちらの
FC2ブログが自分サイズなんです。

写真に関わる事以外、余白もすくないので
宗教のお誘いも全てお断りしてます。

批判とか、そういうのではありませんので
くれぐれも誤解がありませんように。

あまりそのへんは、器用でないので
アナログ人間です・・・。



K i i T

「とっておきの画材屋さん!」

お店の中で、販売されているのは、おばあちゃんです。
(K i i Tのおばあちゃんじゃないですよ

写真のK i i Tと画材屋さん?
不思議でしょ?

ブログをご覧の方だけに、
教えちゃいます。

カメラを撮影する方で
ホワイトバランスをカスタム設定されている方に必見です。

写真をやってない方にも、
グッドニュースがあるので、
少し待ってね


写真用の何千円もする
ホワイトバランス設定道具を
購入したことありませんか?

また「色が合わない・・・。」なんて
悩んだことありません?

実は!最適な「紙」があるんです。
本当は教えたくないんだけどね


紙の名前は
【銀ねずみ Mケントラシャ四六判Y目(横)】

ホワイトバランスをとる方法は以前に勤めていた
スタジオ仕込み
(購入先は、KiiTと同じじゃないですけどね。)

「これが、なくちゃ写真がとれない」と、
いってもいいぐらい。

通常は、ペーパー屋さんで
100キロ単位で販売してる物で、
小売販売では、1枚あたりの単価が、
3倍近くなる。
(まぁホワイトバランス用の市販品と比べるとかなり安いですが・・・。)

おすすめの画材屋さんは、
1枚から販売。

ペーパー屋さんと
1枚購入した価格を比較してみました。

【ペーパー屋さん】
銀ねずみ 273円。黒328円(5年ほど前なので今はもっと高いかも)

【おすすめの画材屋さん】
黒、銀ねずみ、どちらも 210円 

黒ケント紙は
キリヌキ撮影など
商品をしめる時に使ったりします。

購入したケント紙を包みながら
「黒、ほんまは高くなるけど、一緒でええよ」と、おばあちゃん。

小さなお店ですが、品揃え豊富で良心的価格!
これは行くしかないでしょ


写真に興味がないかたにも、必見!あるんです。

_DSC3990.jpg 

鉛筆だけど、眉毛描き用として、ひそかに人気の品だそう。
新聞の記事が貼ってありました。1本136円
(肌に良いか悪いかは定かでないらしいので、自己責任でね!)

_DSC3989.jpg 手の平、半分ぐらいある「練りけし」126円

商品撮影の時「練りけし」で
高さや角度調節するのですが、
どこを探しても小さくて100円する。

それが、この大きさで
126円なんて安すぎます!

_DSC3991.jpg こんな鉛筆も発見!189円

_DSC3992.jpg

平めんみたいな鉛筆。
見てるだけで
描きたくなるでしょ〜?

手帳にもはさんでおきたい一本です。

芯が折れてしまったものは、130円。
わけあり特価コーナー!
コレまたお見逃し無く。


どこにあるか、知りたいでしょ?

彩々堂(さいさいどう)
大阪市阿倍野区三明町2-7-23
06-6628-5161
10:30〜18:00
定休日 日曜日、祝日、第2・4土曜日


購入しに向かうK i i T
方向音痴で道に迷い
閉店時間の6時を過ぎて到着。

お店を開けて
まってくださいました。

数年前なんて
年末にどうしても必要で
どこも空いてなくて

電話をすると
ニコニコ笑顔で
販売してくださいました。

「良いお年を・・・」なんて、お声をかけてくださり
あったかい気持で帰路についたことも

小さなお店で、
ケント紙の端っこが少しだけヨレってたり、

何年も飾ってあったような
画材が販売してたり
それもココならでは愛嬌です

関西方面の方は、
行くしかないでしょ!
「彩々堂」さん
是非ともおすすめですよ〜



補則
「コダックチャート」や「QpCARD」という
色をニュートラルにする写真用のモノも仕事で使いますが、
カメラを最初に設定するときは「銀ねずみ」是非お試しあれ。


K i i T

梅雨があけたのに、どんより

本日はドタバタ・・・。
午後から撮影して、納品。
月末に近付くと、合間に請求確認メール。見積書発行!あっちに!こっちに!ロケの確認メールも!
忘れてること無かったかなぁ・・・。

こんなときに限って、重なるやっかいな事。
入金を忘れられてるクライアントさん。
モウモウ
そろそろ催促メールのしなきゃいけないタイミングかなぁ・・・・と。
胃がキリキリしながらご一報。

本当に苦手なんです。
カドが立ちませんように!
「イイ人」でいたいけど、仕事を続ける上で大切な事なので、
信じて、いつまでも待ってるだけじゃダメなんですよね。

過去に痛い目にもあい、
防御策で「契約書」のフォーマットは準備してるものの
今のところは、信頼関係だけで仕事していきたいと思うんです。


好きな仕事の中にも「苦」ありです。


そんな時は、写真を見てリフレッシュ
先日、配付前にフライングしてしまったあがり再度アップです。


企業さま発行のマガジン 2012年夏号 

Cookingコーナー P7~P9の写真を担当させて頂いてます。
今回の撮影場所はビストロ・ハシさんです。

_DSC1900.jpg   イケメンシェフだぁー


撮影の様子はこちら!☆

ボツの中から少しだけ写真です。

1_20120626043706.jpg マンゴーとミルクプリン

撮影後、あまりにもおいしくって、二つも頂いちゃいました。


フレッシュなお野菜が口の中いっぱいに広がる、ゴロゴロ野菜のサラダは、
ゴリゴリっと歯応え、堅すぎず、クセになる味
めっちゃおいしかったです〜!

自信たっぷり、イケメン、カリスマHシェフの以外な一面。
実はマイナス思考。
料理をお客様に出したとき「おいしくないんじゃないかな、口に合うかな?」と思うのだそう。

きっと、普通の人よりも理想が高く、上を目指しているから、自問自答し出てくる言葉のようで!

プロフェショナルの言葉は、教科書以上にどっしりと心に響きました。


余談
イケメンシェフHさんは動物占いでも、かっこいい、
ペガサスなんだとか。


今回のものは読者に向けてつくられた、オリジナルレシピですので、
残念ながら注文できませんが、
お料理に、シェフ!魅了されること間違いなしです。

ビストロ・ハシ
〒560-0026
大阪府豊中市玉井町2-2-32



K i i T

人物と料理撮影が得意な関西在住のフリーカメラマン。 ☆好きな事☆ 写真を撮る。海で『ぼーっ』と釣れない魚釣り、ねこ武蔵とお昼寝。ビール、豆腐。りんご。氷。グリコのプッチンプリン。 ☆Facebook☆☆Twitter☆ やってません。ごめんなさい。 始めたらこちらのブログでお知らせします。
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2012年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


こちらからお名前で検索できます♪

-天気予報コム- -FC2-

名前:
メール:
件名:
本文: